ノウハウ公開

【これって職業病かも?】作業療法士あるあるを考えてみた

普段生活していて、これ職業病かも? と、感じることありますよね。
飲食店の方だったらサービスがどうだとか、不動産の方は立地がどうだなどなど。
作業療法士も、もちろんあります。今回は僕が気になったものをいくつか紹介します。

●お店の作業効率に着目してしまう
PAK65_torinosubottlenarabu20130825
ついつい気になってしまうのがコレ。飲食店だったら、あ、そこは左手で作業した方がいいかも。込み合ってきたら、落ち着いてまずは、入店案内の方が効率的かもよ。みたいな。もちろん、思うだけで口には出しません笑

●気がついたら(無意識)ネタを探している
スクリーンショット 2017-02-13 13.43.40
制服だったり、ポイント制度、割引サービスなどこれは使えそうと思うさまざあなシステムを自然と探してしまいます。さらに、それを実際のプログラムに取り入れたらどうだろう、という考え方をしてしまいますね

●バラエティ番組でMCの進行が気になる
INA85_dinamicmaiku
バラエティ番組などは、普通、頭を空っぽにしてただただ没頭するのが面白いと思います。が、自然とMCの進行などに注目してしまいます。特に、トークのさばき方が勉強になりますね。すべった芸人のフォローや、盛り上がるための起爆剤的ワードセンスなど。

●子供で反射や発達を観察している
YUKI150321030I9A4474
子供を見ると観察しちゃいます。

●知り合いに医者としての悩み相談をされる
MOK_ahirucyanhitorinohukyou
「医療者」という大きなくくりで、相談されたりします。

同業の方は「あるある」と思っていただけたのではないでしょうか?
「どれも無意識に」というのがポイントで、オフのときもこんなことを考えています笑

本当にこの仕事好きなんだと客観的に思いました笑