ノウハウ公開

【作業療法的】こんなシステムがあったらもっと作業の幅が広がる!! 3選

普段の作業療法を行う上で、こんな機器があったら、もっと作業の幅が広がるかも!!
と思ったことありませんか? 効率厨の僕は予算があればシステムをどんどん強化していくタイプです笑

今回は僕的、必要なシステムや機器を選んでみました。

●ネット環境
internet
いきなりそれかよと、ツッコミがきそうですが意外にネット環境が整っていない施設ってあるんです。社会でスタンダードになっていることは合わせるのがベストです。

●タブレット
N695_kuroittableniokaretaipad
PCではなく、あえてタブレットを選びました。作業療法士として、キャリアを積んでくるとさまざまな場面で「プレゼン」をすることがあります。PCは使いこなせなくてもスマホの延長でタブレットを覚えておけば、たいがいのことはできるハズ。そして、アプリも豊富なのでプログラムにも活用できます。

●ゲーム機器(できれば最新)
cc0160142944
ちょっとタブレットとかぶりそうですが、いわゆる家庭用ゲーム機ですね、プレステとかwiiとか。これは僕が一番重宝しているツールでして、プログラムにすごく活躍してくれます。というか、活用しています。ソフトにもよりますが、シミュレーション物がいいですね。ここに関しては別の記事で取り上げる予定です。ひとつ、注意したいのが、ただ遊ぶだけではなく、何かしらの目標(クリアだったり、何かを手に入れたり)は必ず決めています。

ちょっと、ゲーム機器の記事に偏ってしまいそうなところをグッとこらえました笑
最近、一番楽しみにしているのが「VR」ヴァーチャルリアリティーですね。これを上手く使って、プログラムをもっと楽しめたらと思います!

※注:本記事の内容は決してVRのプロモーションではありません(真顔